居抜き物件でコストを抑える

新規開店のコストを抑える居抜き物件とは

テナントの居抜き物件とは何でしょう

新しい店舗を開店するにはいろいろなコストがかかります。 その中で内装や設備の出費を抑えることができるのが居抜き物件の活用です。 イニシャルコストを抑えて新しいスタートに勢いをつけることができるうえ、居抜き物件には他にもいろいろとメリットがあります。 どんなメリットがあるのか見てみましょう。

居抜きにはこんなメリットがある

新しく店舗を開業しようとする際、自社物件がある場合は別として、ほとんどのオーナーはテナント・貸店舗を借りることになると思います。
テナント・貸店舗は通常、内装や設備のない躯体の状態であるスケルトンで借り、借主が内装や設備を整えて開業することになりますが、内装・設備にかかる費用はイニシャルコストとしてかなりの金額になることも多く、賃貸借契約にかかる保証金や敷金、仲介手数料などと合わせて開業時に必要とする資金を大きく膨らませる要素になっています。
少しでもイニシャルコストを抑えて出店・開業したい場合、「居抜き」のテナントを検討してはいかがでしょうか。
「居抜き」とは、店舗物件の借り手が退去する時に内装・設備を撤去せずに残し、次の借り手が引き継いで活用できるような物件です。
もし居抜き物件の内装・設備が自分の店舗にマッチするものであれば、それを利用することで多くのメリットが生じます。
もちろんデメリットや注意しなければならない点もありますが、しっかり比較検討し、メリットが勝るようであれば選択肢に加えてみても良いのではないでしょうか。
インターネットのテナント紹介サイトでも居抜き物件は増えてきており、多くの地域で居抜き物件が紹介されています。
テナントの種類も、物販から飲食店、美容・理容・エステサロン、医療機関、教育機関など多岐に渡り、もし希望する地域に同じ業態の居抜き物件があったなら、選択肢に加えて検討してみることをおすすめします。

居抜きにはこんなデメリットがある

条件が合えばいいことずくめに見える居抜き物件。 ですが場合によってはスケルトン物件よりも費用がかかってしまったり、休業期間が長くなってしまうケースも出てきてしまいます。 もし条件の良い居抜き物件があった時にはデメリットになりそうな点も冷静に検討してみましょう。

居抜き物件の注意点

前の店舗のイメージが悪かった場合、新店舗にもある程度影響を与えるかもしれません。 違うオーナーの違うお店であっても、その場所にある店の持つ負のイメージを開店と同時に払拭するのは容易ではありません。 さらに居抜き物件では、より多くの影を引きずってしまうかもしれません。

TOPへ戻る