ウーマン

ナチュラルなカラコンが登場|大人のお姉さんに大人気

安全に装着し続けるために

コンタクト

製法や含水率から選択

カラコンには、青色や緑色など、カラフルな色合いのものが多くあります。これらを装着すると、日本人の瞳でも、欧米人の瞳のように華やかな状態になります。しかしだからこそ、学校や職場などでは装着できないこともあります。ところが黒色や茶色といったナチュラルな色合いをしたカラコンなら、日本人が装着しても違和感が生じません。元の瞳の色合いに近いので、場所を選ばず装着できることから、ナチュラルなカラコンには高い需要があります。もちろん色合いはナチュラルでも、サイズが本来の瞳よりも大きめだったり、光沢があったりするので、目元の魅力は高まります。そのため、面接やお見合いなどで好印象を得るために、ナチュラルなカラコンを装着するという人も多くいます。ただし、着用する機会が多いからこそナチュラルなカラコンは、目に優しいものを選ぶことが肝心とされています。たとえばレンズに着色料を塗ってあるカラコンの場合、頻繁に装着することで着色料が溶けて、角膜にしみ込んでしまう可能性があります。しかしサンドイッチ製法といって、2枚のレンズに着色料を挟み込んであるタイプのカラコンなら、安全に装着を続けることができます。また、含水率の高いものと低いものとがあるので、目の状態に適した方を選ぶことも大事です。含水率の高いカラコンは、涙を吸収することで目にフィットするので、装着感の良さを重視する人に適しています。含水率の低いカラコンは、涙を多くは吸収しないので、目が乾燥しがちな人に適しているのです。