居抜き物件でコストを抑える

新規開店のコストを抑える居抜き物件とは

居抜きにはこんなデメリットがある

内装は新店舗のイメージに合っているか

スケルトン物件であれば白紙の状態から造作や内装を作ることになるため、費用と時間が許せば限りなくオーナーのイメージどおりの店舗に仕上げることができます。
一方で居抜き物件の場合は間仕切りや内装が残っている状態ですので、オーナーのイメージとは異なるデザインに妥協しなければならない部分も出てくるかもしれません。
居抜きによるコストカット、準備時間短縮によるメリットを上回ってしまう程度の妥協となるならば、そこは再考の余地があるかもしれません。
また一定期間営業されていた店舗であれば使用感はどうしても残ってしまいます。
ビンテージ感を出したい場合など特殊なケースを除き、くたびれた雰囲気での新規オープンは避けたいのではないでしょうか。

設備はしっかり稼働するか

空調や厨房などの設備も居抜き物件のデメリットになる危険性を孕んでいます。
設備に関するコストは業種によって変わりますが、かなり高額になることも多く、前の店舗で使っていたものがそのまま利用できれば大きなコストカットにつながります。
しかしもし短期間で故障するなどの不具合があった場合、その修理・整備費用に予想外のコストがかかることもあり、さらには継続して使うことができない場合は新たな設備を導入するコストに加えて撤去・処分にもかなりの額がプラスされることになります。
そのような事態をさけるため、居抜き物件に付帯する設備については稼働状態をしっかり調べ、メンテナンスや耐用年数に問題がないかどうかを契約前に確かめておく必要があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る