居抜き物件でコストを抑える

新規開店のコストを抑える居抜き物件とは

居抜き物件の注意点

顧客は新規オープンに何を期待するのか

顧客目線で考えてみましょう。
新しいお店のオープンには何が期待されているでしょうか。
新しい商品、新しいサービスがどんなものか、またその価格は他店と比べてどうなのか、売り物自体が厳しい目で判定され、繁盛するかどうかを左右するのはもちろんです。
しかしそれ以外に外観や内装、調度品や食器などトータルデザインも来店動機に大きな割合を占める場合があります。
「新しくできたお店、可愛いから行ってみよう。」という話もよく耳にすることと思います。
売り物に絶対的なアドバンテージがあればその他の要素は妥協してもよいかもしれませんが、そうではない場合は居抜き物件の新しくない部分はマイナス要素になってしまう可能性があります。

前の店舗はなぜ営業を終えたのか

もう一つ注意したい点として、前の店舗がどのような営業をし、なぜ閉店したのか、ということも可能な限りリサーチする必要があります。
事故や事件があったいわゆる「わけあり物件」の場合、たとえオーナーが変わったとしてもマイナスイメージからスタートする可能性もあり、ましてや居抜き物件だった場合はより強く以前の影を引きずることになります。
「わけあり物件」でない場合も、前の店舗が不健全な運営や悪辣な経営をしていた場合、その店舗の纏う負のオーラを消し去るにはある程度の期間を必要とすることを覚悟しなければなりません。
仲介業者や貸主だけでなく、地域住民などにも範囲を広げ、前の店舗の経営や評判を確認しておきたいところです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る